捻挫・腱炎・腱鞘炎でお悩みの方へ

捻挫・腱炎・腱鞘炎によくある症状

  • 捻った足に腫れと痛みが出た

  • 親指を伸ばしたり曲げたりすると痛む

  • 転んで手をついた時から手首が痛い

  • ジャンプの着地時に膝を強く捻ってしまった

「足首の痛み」「手首の痛み」は早期対処を

「足首を強く捻ってしまったが、どうすればいいのかわからない」

「親指の付け根の痛み、原因は何?」

といったお悩みではありませんか?

 

本記事ではそのような 「捻挫」「腱炎・腱鞘炎」をテーマに、

原因と対処法についてご紹介しています。

捻挫・腱炎・腱鞘炎早期回復メニュー Recommend Menu

「捻挫」と「腱炎・腱鞘炎」の違い

「捻挫」「腱炎・腱鞘炎」は、関節に起こる痛みです。

 

さて、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか?

 

2つの違いを簡単に説明しますと、捻挫は「一度の外力で引き起こされたケガ」 であり、腱炎・腱鞘炎は「動作の繰り返しで引き起こされた痛み」です。

 

【捻挫】

 

捻挫は例えばスポーツでジャンプの着地に足首を強く内側に捻ってしまうなど、関節が強く捻られることが原因で引き起こされます。

関節を強く捻った際に関節靭帯に急激な牽引力が加わり、関節靭帯を痛めてしまうのです。

関節であればどこでも起こりますが、捻挫は主に「足首」に発生しやすくなっています。

 

【腱炎・腱鞘炎】

 

腱炎・腱鞘炎は、パソコンやスマホ操作などで繰り返し指を動かすことが原因で引き起こされる症状です。

腱炎・腱鞘炎の「腱鞘」は、腱が滑らかに動くように腱を支えて滑車のような役割をしているものになります。

腱鞘のトンネルの中を筋肉と骨を繋ぐ「腱」が走行している形になっているのです。

「筋肉が張る」のと同じように、筋肉を使いすぎると腱も張って太くなります。

腱が太くなると、腱鞘と腱が指を 動かすたびに擦れやすくなります。

腫れた腱と腱鞘との摩擦で炎症が起き、痛みが出るのです。

 

また親指の腱鞘炎は女性ホルモンの影響を受けるとも考えられ、女性に起こりやすい症状となっています。

初産の方によく見られ初産腱鞘炎という名前もつけられているくらいです。

 

捻挫、腱炎・腱鞘炎の対処方をご紹介


「関節を強く捻ってしまった」

「指の使いすぎで親指の付け根が痛い」

このような 場合、具体的に何をすれば良いのでしょうか?

 

こちらでは「捻挫」「腱炎・腱鞘炎」それぞれの対処法についてご紹介します。

 

【捻挫の対処法】

 

捻挫を受傷直後は「RICE処置」が重要となります。

 

・Rest(安静)

捻挫した関節を動かないようにまずは安静にします。
動かすことによってより損傷がひどくなるからです。

 

・Icing(冷却)

内出血による腫脹が広がらないように冷却をします。

 

・Compression(圧迫)

内出血や腫脹を抑えるために、包帯やサポーター などで圧迫します。
また関節を固定することによる「安静」の効果も期待できます。

 

・Elevation(挙上)

腫脹や内出血が下の方にたまらないように、患部を心臓より 高く上げておきます。

腫れや痛みはひいても、しばらくは「関節がグラグラする」状態は残ります。

関節を支えてくれる筋肉のトレーニングとともに、再受傷予防のために運動時などはテーピングで 関節を固定しておくと安心です。

 

【腱炎・腱鞘炎の対処法】

 

腱炎・腱鞘炎の1番の対処法は「指や手首を安静にすること」になります。
安静にして使わなければすぐに痛みはひいてきます。

そうと言っても、仕事や家事などでどうしても使わないといけない方もいらっしゃるでしょう。

その場合はサポーターやテーピングで関節を補助することで、悪化を予防できます。

また、筋肉(腱)の張りを解消するための、前腕部(肘と手首の間)の筋肉をマッサージで ほぐすことも腱鞘炎には効果的です。

 

中央接骨院の【捻挫・腱炎・腱鞘炎】アプローチ方法

当院では、捻挫・腱鞘炎に対してカウンセリング時で患者さんお一人ひとりの症状を確認して、施術プランをご提案します。

「保険施術」が出来ます。

更にテーピングを使用して動かすときに負担になる関節をテーピングでフォローし、全身のバランスを整えて筋肉が緊張しないように身体を緩めていきます。

患部の組織には、「温熱療法」を行い早期回復を目指します。

また、早期改善を目指せるように睡眠や食事含め日常生活のアドバイスも行っていきます。

 

【捻挫・腱炎・腱鞘炎に対する施術方法】

 

■保険施術

日常で起こった原因が明確なケガである「捻挫・脱臼・打撲・挫傷・骨折」やぎっくり腰などの急性の症状にも適用されます。
「保険が使える」か知りたい、「どのくらいの料金になるのか知りたい」などわからないことがあればお気軽にお問い合わせください。

 

■ハイボルト療法

ハイボルトは高電圧の電流を身体の深部に到達させ、患部に直接働きかける手法です。
炎症の抑制や痛みの軽減、治癒力の促進、直接アプローチすることで非常に高い即効性と鎮痛などの効果が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

磁石や金属のついたテープを経穴(ツボ)に貼ることにより、代謝を促進し早期回復が期待できます。
痛みに弱い方や花粉症の方におすすめです。

 

■テーピング

さまざまな種類のテーピングがあり、目的により変えていきます。 患部を保護して痛みを和らげ、早期改善を期待できます。
また、なかなか来院の出来ない方などにもおすすめです。

 

■骨格矯正

お身体のバランスを確認しながら、緊張状態になった筋肉を緩め、負荷のかかっている筋肉や関節まわりの調整を行います。
全体のバランスを整えていくことで慢性的な肩こりや腰痛などのさまざまな症状改善が期待され、姿勢の悪さや太りやすい方にもおすすめです。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉の表面にある筋膜を特殊な器具を使って筋膜の癒着をはがし、整えていく施術です。
緊張状態だった筋肉や筋膜をゆるめることで、身体の動きを正常に戻していきます。
高血圧、コリ、可動域、筋肉痛などに効果が期待できます。

 

■鍼灸

手技では届かない、身体の内側にアプローチをして神経の働きを促進させます。 本来人間が持っている自然治癒力の活性化をします。肩こり、腰痛、神経痛、しびれなどの症状に効果が期待できます。

 

■温熱療法

自律神経の乱れを改善しながら筋肉を緩め、血液の流れを良くします。
身体の冷え、不眠、頭痛、めまいなどの症状に効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:堀江洋輝
資格  柔道整復師/鍼灸師
誕生日 7月26日
血液型 O型
出身地 千葉県柏市
趣味  野球/漫画/買い物/ゲーム
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:中央接骨院
住所〒274-0063 千葉県船橋市習志野台2-4-2
最寄:北習志野駅から徒歩4分!
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~17:00 -
定休日は日曜・祝日です

【公式】中央接骨院 公式SNSアカウント 中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】中央接骨院 公式SNSアカウント 中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】中央接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中