外反母趾でお悩みの方へ

外反母趾によくある症状

  • 足の親指が外側に向いている

  • 足の親指の付け根が靴にあたって痛い

  • 足の裏にタコができて痛みが
    ある

  • うまく指で地面を蹴れないので歩きづらい

外反母趾にお悩みではありませんか

「外反母趾」は特に女性に悩まれる方が多くいらっしゃいます。

 

見た目はもちろん、足の裏や指が痛くなることも多くあります。

 

こちらの記事では外反母趾の原因や症状、予防法をご紹介します。

外反母趾にならない、悪化させないためにもぜひご一読ください。

外反母趾早期回復メニュー Recommend Menu

外反母趾になってしまう原因


外反母趾の特徴は、足の親指(母趾)の先が外側(小指側)を向いてくの字になり、 親指の関節部分が内側に突出します。

 

見た目が気になるのはもちろん、症状が進行すると痛みにも繋ります。

 

予防や改善するためにも、「外反母趾になってしまう原因」を知ることが大切です。

 

まず、こちらでは外反母趾になる原因をご紹介します。

 

【外反母趾の原因】

 

外反母趾の原因には後天性(外的要因)先天性(内的要因)の2つの側面があります。

 

・後天性(外的要因)

外的要因として1番に挙げられるは「靴」です。

特に女性が履くハイヒールやパンプスなど、先の細くなっている靴はつま先を圧迫するので 外反母趾になる大きな原因になります。

また、足の形も影響があります。

足の裏には縦アーチ(土踏まず)と横アーチがあるのですが、 外反母趾はアーチが潰れてしまった「扁平足」と併発しやすくなっているのです。

アーチが潰れると足の指と指の間が広がった扁平な形状になり、親指が内側に向けられるストレスを受けやすくなるからです。

また、現代では生活習慣の変化もあり、裸足で歩くことが少なくなっています。
足の指を使う機会が減り、アーチを支える筋力が弱ってしまうことも扁平足、外反母趾に繋がる要因として挙げられます。

 

・先天性(内的要因)

履いている靴や生活習慣(外的要因)に関係なく、先天的な原因もあります。
外反母趾は主に女性がなりやすいのですが、それは女性は男性に比べると筋力が弱いために扁平足になりやすいためです。

また女性はホルモンバランスの影響で、アーチを支える靭帯や腱が緩みやすい性質があります。

特に中年以降になると、急にアーチが崩れるということもあります。
外反母趾には「ハイヒール」「筋力」「ホルモンバランス」など、女性がなりやすい要因がたくさんあるのです。

 

外反母趾の症状や予防策をご紹介します


こちらでは、外反母趾によって引き起こされる具体的な症状と、日常でできる予防法をご紹介いたします。

骨の変形は基本的には自力では矯正することはできません。

症状が悪化してからでは遅いので、特に女性の方はぜひご覧ください。

 

 

【外反母趾によって引き起こされる症状】

 

外反母趾の多くは扁平足とセットになっています。

扁平足は足の裏への負担が増えますので、 人差し指、小指の付け根の裏に「タコ」ができやすくなります。
それによって痛みが生じる場合があります。

特にハイヒールを履いていると、つま先荷重になりタコができる原因にもなります。

また、外反母趾は親指の付け根が内側に突出しますので、靴と擦れ合うことにより炎症を起こすことがあります。
さらに、突出部によって足の神経が圧迫され「しびれ」 の発症がみられる場合もあります。

 

 

【外反母趾の予防法】

 

外反母趾になる原因として「靴」「足の形(扁平足)」が挙げられます。
その原因を元に予防法をいくつかみていきましょう。

 

・靴選びが大切です

ハイヒールなど先の細い靴は外反母趾になる大きな原因になりますので、なるべく履かないようにすることが大切です。
また、普段履く靴もサイズがあってないと足の指に負担がかかりますので、店員にみてもらうなど自分の足に合った靴を選ぶようにしましょう。

 

・足の形(扁平足)

扁平足にならないためには、足の指をしっかり使うことが大切です。
簡単な運動として「タオルギャザー」というものがあります。

滑りやすい床にタオルを広げて敷き、タオルの一方(自分に近い方)から足の指だけでタオルをたぐり寄せる運動になります。
10セット程度を2回行いましょう。

 

その他、足の指の「柔軟性」も重要になってきます。

・足の指を開いたり閉じたりする(足の指でグー、チョキ、パーを作る)

・ゴルフボールで足裏全体をゴロゴロとマッサージする

といった運動やマッサージも外反母趾予防に効果的です。

仕事でどうしてもハイヒールを履かないといけない女性も多いと思います。
お風呂上がりなどに、ぜひ上記の体操やマッサージを実践し、外反母趾にならないようにしっかりとケアをしていきましょう。

 

中央接骨院の【外反母趾】アプローチ方法


当院では外反母趾の改善に対して、痛みを軽減させることに自信があります!

まずきちんとカウンセリングを行い検査して症状を把握し原因を追及します。

患者さんお一人ひとりに合った的確な施術プランをご提案します。

外反母趾に関しては初期にしっかり施術を受けていただければ早期改善も目指せます。

当院では、「骨格矯正」「温熱療法」「鍼灸」を使用して圧迫している箇所や筋肉が緊張している箇所を緩めて血流の改善をします。

また「テーピング(キネシオロジーテープ・ホワイトテープ・スパイラルテープ)」で足の形を変えるためにアーチを作り、外反母趾にアプローチしていきます。

足だけでなく、身体全体のバランスを整えて足に負荷のかかりにくい身体を目指します。

 

【外反母趾に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルトは高電圧の電流を身体の深部に到達させ、患部に直接働きかける手法です。
炎症の抑制や痛みの軽減、治癒力の促進、直接アプローチすることで非常に高い即効性と鎮痛などの効果が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

磁石や金属のついたテープを経穴(ツボ)に貼ることにより、代謝を促進し早期回復が期待できます。
痛みに弱い方や花粉症の方におすすめです。

 

■テーピング

さまざまな種類のテーピングがあり、目的により変えていきます。 患部を保護して痛みを和らげ、早期改善を期待できます。
また、なかなか来院の出来ない方などにもおすすめです。

 

■骨格矯正

お身体のバランスを確認しながら、緊張状態になった筋肉を緩め、負荷のかかっている筋肉や関節まわりの調整を行います。
全体のバランスを整えていくことで慢性的な肩こりや腰痛などのさまざまな症状改善が期待され、姿勢の悪さや太りやすい方にもおすすめです。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉の表面にある筋膜を特殊な器具を使って筋膜の癒着をはがし、整えていく施術です。
緊張状態だった筋肉や筋膜をゆるめることで、身体の動きを正常に戻していきます。
高血圧、コリ、可動域、筋肉痛などに効果が期待できます。

 

■鍼灸

手技では届かない、身体の内側にアプローチをして神経の働きを促進させます。 本来人間が持っている自然治癒力の活性化をします。肩こり、腰痛、神経痛、しびれなどの症状に効果が期待できます。

 

■温熱療法

自律神経の乱れを改善しながら筋肉を緩め、血液の流れを良くします。
身体の冷え、不眠、頭痛、めまいなどの症状に効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:堀江洋輝
資格  柔道整復師/鍼灸師
誕生日 7月26日
血液型 O型
出身地 千葉県柏市
趣味  野球/漫画/買い物/ゲーム
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:中央接骨院
住所〒274-0063 千葉県船橋市習志野台2-4-2
最寄:北習志野駅から徒歩4分!
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~17:00 -
定休日は日曜・祝日です

【公式】中央接骨院 公式SNSアカウント 中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】中央接骨院 公式SNSアカウント 中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】中央接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中