腰痛でお悩みの方へ

腰痛によくある症状

  • 前かがみに
    なると
    腰が痛む

  • 長時間
    座っていると
    腰が痛くなる

  • 腰が痛くて
    目が覚める
    ことがある

  • 慢性腰痛を
    改善したい

どなたにでも起こりうる腰痛

腰痛はいきなり腰にくるわけではなく、背中や足のハリ感や硬さが先にでます。

 

中年から高齢者の方に多くみられる腰痛ですが、

近年ではゲームやスマホの普及、

長時間に及ぶデスクワークによって若年層の方にも多くみられるようになりました。

 

今は痛みを感じていないあなたも、腰痛になる可能性はとても大きいのです。

腰痛改善メニュー Recommend Menu

多くの人を悩ます腰痛の原因

日本では約2700万もの人が腰痛に悩まされていると言われています。
あなた自身はもちろん、あなたの周りにも腰痛持ちは多いのではないでしょうか?

「腰」は漢字にも含まれているように身体の「要(かなめ)」になります。

身体を支えてくれる一方、負担がかかりやすく、痛みに繋がりやすい箇所になるのです。

 

こちらでは腰痛になる原因をご紹介します。

 

【腰痛の原因】

 

腰痛の原因について、原因がはっきりと特定できるものは全体の15%程度しかないと言われています。

原因がある腰痛には、腰椎に問題があるパターンがあります。

 

・腰椎椎間板ヘルニア

腰椎の間でクッションの役割をしている椎間板が後方に突出して神経を圧迫していることで痛みが起こります。

 

・腰椎椎間関節症

腰椎をつなぐ関節に痛みの症状が出ます。

 

・脊柱管狭窄症

加齢や骨の変性によって神経の通り道が狭くなり、神経を圧迫してしまうことで痛みが出ます。

 

・脊柱分離症/すべり症

腰椎の一部が割れている(分離症)、もしくは腰椎の一部が他の腰椎からずれている(すべり症)ことで、痛みの症状が起こります。

 

・安静にしても痛みが変わらない
・お尻から足にかけてのひどい痺れ
・足に力が入らない
・歩くとだるくなるが休むと回復する

といった症状がある場合は上にあげた原因が考えられます。

その他原因が特定できるものは「内臓の病気」「がんの骨転移」などがあります。

 

残りの85%の腰の痛みは、レントゲンやMRI画像、医療機関では原因が特定できない腰痛になります。

 

【原因が特定できない腰痛】

考えられる原因には日常生活での「筋疲労」が挙げられます。
筋疲労を生みやすい要因をみてみましょう。

 

・不良姿勢

猫背は腰の負担が増えます。
丸まった背骨を支えるために背中から腰の筋肉が緊張するためです。

 

・同一姿勢

動きすぎるのも負担がかかりますが、同じ姿勢をずっと続けることも筋肉の緊張を強くします。

 

・骨盤の位置(ゆがみ)

お腹の筋肉がうまく使えていないと骨盤が前側に傾き(前傾)やすくなり、反り腰になるため腰の筋肉の 緊張が強くなります。
また足を組んだり、体重のかけ方に左右差があると下半身の土台である骨盤がゆがんだ状態になり、 その上に乗っている腰部の負担が増えてしまいます。

 

・ケア不足

日頃から運動やストレッチなどで身体のケアをしておかないと、腰部に疲労が蓄積してきて腰痛に繋がります。

 

また、

・血流不足による疲労物質の蓄積
・腰部から股関節にかけての柔軟性の低下

これらを放っておくと、ある瞬間に爆発して、 ぎっくり腰が起こる可能性もありますので注意が必要です。

 

腰痛の対処法


身体の要である腰に痛みがあると、日常生活全般に支障がでますよね。

こちらでは日常生活でできる腰痛の対処法をご紹介します。

 

まずはできることから始めてみてください。

 

・股関節、お尻周りのストレッチ

腰は股関節と連動して動いています。
股関節の柔軟性が乏しいとその分、腰部に負担がかかりますので股関節のストレッチが効果的です。

ストレッチをお風呂上がりに、ゆっくりと息を吐きながら行いましょう。

 

・ウォーキングがおすすめです

大股で、おヘソの辺りから足が生えているイメージで歩くことによって「大腰筋」という骨盤を支えてくれる筋肉を使いながら歩くことができます。

筋力をつけるというより「眠っている筋肉を起こしてあげる」というイメージで 構いません。

大腰筋がうまく使えてないと骨盤が前に倒れ、反り腰になりやすいのです。
30分の週2回以上が目安ですが、まずは週に1回でも良いので運動習慣を身につけることをおすすめします。

 

・ストレスの発散をしましょう

ストレスは「痛み」に敏感になる要因になります。
趣味や運動によってストレスを発散するように心がけましょう。

 

・こまめな水分補給をしましょう

身体の水分量が少ないと筋の柔軟性が失われて腰痛に繋がる要因になります。
ジュースなどではなく「水」を1日1リットルを目指して飲むようにしましょう。

 

・飲酒、喫煙を控えましょう

アルコールの大量摂取は内臓に負担をかけたり、脱水による水分量の減少に繋がります。
また、喫煙は血管を収縮させる作用がありますので血流が悪くなる要因になります。

腰痛がある方はなるべく控えるようにしましょう。

 

中央接骨院の【腰痛】アプローチ方法

当院では、腰痛において原因がさまざまあるのでまずは原因を追求することから始めます。

症状を把握したうえで「骨格矯正」「鍼灸」「温熱療法」「経穴(ツボ)へのアプローチ」「ドレナージュ(DPL)」「カッピング」を使用して、腰から足にかけての下肢の筋肉を緩めていき、身体の後ろだけではなく前からもアプローチしていきます。

また、日常生活のアドバイスも行い、姿勢や筋肉の状態を元に戻すことで腰痛に対してアプローチしていきます。

 

 

【腰痛に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

ハイボルトは高電圧の電流を身体の深部に到達させ、患部に直接働きかける手法です。
炎症の抑制や痛みの軽減、治癒力の促進、直接アプローチすることで非常に高い即効性と鎮痛などの効果が期待できます。

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

磁石や金属のついたテープを経穴(ツボ)に貼ることにより、代謝を促進し早期回復が期待できます。
痛みに弱い方や花粉症の方におすすめです。

 

■テーピング

さまざまな種類のテーピングがあり、目的により変えていきます。 患部を保護して痛みを和らげ、早期改善を期待できます。
また、なかなか来院の出来ない方などにもおすすめです。

 

■骨格矯正

お身体のバランスを確認しながら、緊張状態になった筋肉を緩め、負荷のかかっている筋肉や関節まわりの調整を行います。
全体のバランスを整えていくことで慢性的な肩こりや腰痛などのさまざまな症状改善が期待され、姿勢の悪さや太りやすい方にもおすすめです。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉の表面にある筋膜を特殊な器具を使って筋膜の癒着をはがし、整えていく施術です。
緊張状態だった筋肉や筋膜をゆるめることで、身体の動きを正常に戻していきます。
高血圧、コリ、可動域、筋肉痛などに効果が期待できます。

 

■ドレナージュ

【DPL】

クリームを使用し、ふくらはぎ~足先にかけてアプローチしていきます。
疲労やむくみ、冷えによって硬く緊張してしまった筋肉を緩めることにより、血液の流れを促進していきます。足のむくみ、冷え、痛みに対して効果が期待できます。

 

■カッピング

透明なカップのような吸い玉を使用し、皮膚を吸引することにより、緊張状態の筋肉が緩み、リンパや血液の流れを促進することで老廃物を効果的に流します。
「背中の重だるさ」や「全体的な痛み」「ハリ感」に対してお悩みの方におすすめです。

 

■鍼灸

手技では届かない、身体の内側にアプローチをして神経の働きを促進させます。 本来人間が持っている自然治癒力の活性化をします。肩こり、腰痛、神経痛、しびれなどの症状に効果が期待できます。

 

■温熱療法

自律神経の乱れを改善しながら筋肉を緩め、血液の流れを良くします。
身体の冷え、不眠、頭痛、めまいなどの症状に効果が期待できます。

 

■猫背矯正

施術を行う前に、現在のお身体の状態を患者さんにも確認していただきます。 バランスを確認し、緊張状態にある筋肉を緩め、負荷のかかっている筋肉や関節まわりの調整を行っていきます。
背中ほぐしなども行い、お身体全体のバランスを整えていきます。
姿勢改善・代謝アップしたい方におすすめです。

 

※なお、骨に問題がある場合は特殊なコルセットなどが必要なこともあるため、その場合は医療機関をご紹介することもあります。

著者 Writer

著者画像
院長:堀江洋輝
資格  柔道整復師/鍼灸師
誕生日 7月26日
血液型 O型
出身地 千葉県柏市
趣味  野球/漫画/買い物/ゲーム
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:中央接骨院
住所〒274-0063 千葉県船橋市習志野台2-4-2
最寄:北習志野駅から徒歩4分!
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~17:00 -
定休日は日曜・祝日です

【公式】中央接骨院 公式SNSアカウント 中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】中央接骨院 公式SNSアカウント 中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】中央接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中