中央整骨院

2017年1月29日(日)をもちまして日曜診療を終了致しました。
日曜・祝日に診療をご希望の方は津田沼院へお越しください。

2019. 5. 7
椎間板ヘル二アと椎間板症
5月は暖かく穏やかな日が多いので明るく楽しく過ごせそうです。
今回はよくある腰痛症のお話です。
椎間板ヘル二アとは、椎骨と椎骨の間にある「椎間板」に負担が加わることで、ゼリー状の髄核の一部が背中側に押し出された状態です。
本来あるべき位置から飛び出た部分が神経根という脊髄から枝分かれした神経を刺激して、足腰の痛みや痺れを引き起こします。
椎間板ヘル二アはMRI検査で発見できますが、当院の患者さんの多くはその前段階の「椎間板症」に該当します。
この段階で整形外科を受診してもレントゲンでは捉えられず、「特に異常ありません。安静にして様子をみましょう」という結果になりやすいです。
ただし、これを放置すると椎間板ヘル二アへ移行する恐れがあります。
ですから、腰痛とともにお尻、太もも、ふくらはぎなどに痛みや痺れを感じたら、すみやかに当院にいらしてください。
現代生活はパソコンの使用など、長時間同一姿勢をとることが多くなりました。
ヘル二アの場合、前かがみ姿勢が好ましくないので、パソコンを長い時間操作する方は、できるだけ背筋を正して腰掛けてください。
ほかにもシャンプーの際、台所での洗い物、床の荷物を持ち上げる際の前かがみ姿勢にもご注意ください。
歩行の際は、背筋を伸ばし、胸を張って、お尻をしっかり締めて歩きましょう。
昔はとにかく歩け歩け、目標1日一万歩なんて時代もありましたが、最近は距離や時間より、中身が大事だといわれます。
短い距離でも正しく美しい歩き姿勢が求められます。
前にかがむと痛む腰痛症の方は、少し腰を反らし気味で歩いてください。
後ろに反らすと痛い腰痛症の方は、無理せず背中はやや丸くてもOKです。

━━━━━━━━━━━━━
2019. 4. 1
自分のために膝とどのようにつきあっていくか?
過ごしやすい季節になってきましたね。
院長の小林です。
今回は膝についてのお話です。
膝は二つの関節で構成されています。
@膝のお皿と大腿骨からなる関節。
A大腿骨と膝下の脛骨の関節です。
膝に痛みを抱えている方の大多数が@の関節に問題があります。
治療とともに自助努力で改善できるケースがほとんどで、手術が必要になることは稀です。
膝の腱や靭帯の不具合が多く、正しい歩き方を意識したり、膝裏のストレッチを毎日短時間でも続ければ改善が可能でしょう。
次はAの関節ですが、人数の割合はそれほど多くありません。
しかし、症状が深刻な場合は、手術を要することがあります。
@とは異なり、軟骨や半月板に問題があることから、骨と骨がぶつかり、一部が変形して骨の棘ができてしまうこともあるからです。
人はある程度年齢を重ねると膝の痛みが増えてきます。
そこで、病院でレントゲンを撮ると、骨と骨の隙間が狭くなっています。
老化現象なのでヒアルロン酸注射を打ちましょう。
などといわれることがあります。
ほとんどが「変形性膝関節症」と診断されます。
変形といわれると…治らないかな?最後は手術かな?と心配されることと思います。
しかし、多くの場合、@の動きや可動の問題であり、Aの関節も治療により痛みをコントロールできれば楽に過ごせるケースが多いです。
腰を伸ばし姿勢を正すことで前重心を直します。
硬くなっている膝をストレッチします。
特に曲げることより、伸ばすことが大切です。
深く曲げると逆効果になるので注意しましょう。
気持ちのよい程度の強さで、毎日しっかり5分間のストレッチを続けてみましょう。
入浴後など身体が温まっている時がより効果的です。

━━━━━━━━━━━━━
2019. 3. 1
肩がつらいにもいろいろあります
こんにちは。早く暖かくなるといいですね。院長の小林です。
肩がこる、肩が痛い、肩から腕が痺れるなど、毎日さまざまな症状の患者さんがお見えになります。
@肩関節周囲炎は、その名の通り肩の使い過ぎなどにより炎症を起こして痛みます。
代表的なものには皆さんご存知の四十肩、五十肩があります。
ちなみに四十肩も五十肩も中身は同じです。
ただし、一般的な周囲炎と違い、四十肩、五十肩は加齢とともに腱が疲弊して弾力が失われ、組織が傷ついて起こります。
使い過ぎていなくても、学生時代にスポーツで酷使した人、社会に出てから重いカバンや荷物を運ぶ仕事を繰り返している人、毎日炊事に忙しい主婦にも起こり得ます。
A胸郭出口症候群は、首、肩、特に二の腕に痛みが起きます。
手に痺れを感じたり、腕を上げていられないなどの症状があります。
原因は首や肩を通っている神経が肋骨や鎖骨、胸回りの筋肉の間で挟まれて起こります。
パソコンを一日中使用しているサラリーマン、OLにも多く見られます。
痛いことも人間つらいのですが、胸郭出口症候群はじっとしていても痛み、痺れが伴うこともあるので早目に当院へご相談ください。
痛みや痺れを放置すると脳が痛みを覚えて長引く恐れがあります。
病院で処方される痛み止めでは、痺れタイプの痛みに速効性が期待できないことも多く厄介です。
二の腕や前腕、指先に痛みや痺れが起きている場合はご注意ください。
B頸椎椎間板ヘルニアは、前述の胸郭出口症候群と症状が似ています。
原因は椎間板にあります。
こちらの症状も強い痺れや痛みが出始めたら、当院または整形外科を受診するようにしてください。
長引く痛み痺れには原因があります。

2019. 5. 20
受付時間変更のお知らせ
5/21(火)は勉強会のため、午後は4時からの受付となります。
なお、午前は通常通りです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019. 5. 7
冷えや疲労でインナーマッスルがつってしまう「ぎっくり腰」
子育てママにも増えています。

アウターマッスルがつって引き起こされる「コリ」
部活動のオーバーユース、ゴルフのスイングでも発症!

神経の通り道が狭くなって痛み出す「神経放散痛」
腰を反ると痛むので、猫背などが慢性化することも!
「間歇性跛行」になる前に対処しましょう!

腰痛予防のはじめの一歩、軽そうな物でもしゃがんで荷物を身体に近づけゆっくり持ち上げましょう!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019. 4. 26
GW休診のお知らせ
GW期間中、受付している日はこちらの4日です。
・4/27(土):
 9:00〜12:00
 14:00〜17:00
・4/30(火)、5/ 1(水)、5/ 2(木)の3日間:  9:00〜15:00
その他の日は休診です。ご了承ください。
尚、5/7(火)から通常通り受付します。

痛みを持ち越さないためにも、気になる症状がありましたら、是非来院してくださいね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019. 4. 19
受付時間変更のお知らせ
4/24(水)は勉強会のため、午後は4時からの受付となります。
なお、午前は通常通りです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019. 4. 1
「仕方がない」と言い聞かせても治したいのが“ホンネ”ですよね…
変形性膝関節症などによって自立した生活が制限されると健康寿命を損なうリスクが増大

◆再生医療のながれ
血液または脂肪を採取
 ↓
有効成分を抽出・培養
 ↓
患部に注射で注入
 ↓
患部の修復・炎症の軽減

自分から採取した成分を使うので拒絶反応はほとんどなし
処置は短時間で入院不要!

再生医療後のケアが必要。
運動器の治療で実績を持つ整骨院の技術は、再生医療を担うドクターからも厚い信頼が寄せられています。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019. 3. 20
受付時間変更のお知らせ
3/27(水)は勉強会のため、午後は4時からの受付となります。
なお、午前は通常通りです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019. 3. 1
膝の曲げ伸ばしがツライ。小さな段差でつまずく。
それは、足腰の衰えのサインかも…

「膝周り」トレーニング 10回
・イスに座り丸めたタオル両膝に挟む
・タオルを潰す様に両膝に力を入れる
・5秒キープ、元に戻す

「脚上げ」トレーニング 左右各10回
・イスに深く腰かけ、両足を揃えて90°曲げる
・片脚をゆっくり上げる
・伸ばした状態を5秒キープ、元に戻す

「踵上げ」トレーニング 10回
・イスの背を両手で掴んで立つ
・両足の踵をゆっくり上げる
・10秒静止しゆっくりと踵を下ろす

交通事故の施術も行っています

中央整骨院では、交通事故による怪我や後遺症の施術も行っています。
ムチウチや手足のしびれ、腰痛、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気など、例え軽い症状でも 気になる方はご相談ください。
交通事故は治療が長引く傾向が強く、また、数日後〜数ヵ月後に症状が出ることも
あります。
後遺症が残らないためにも、痛みなどの症状を感じたら早めの治療をお勧めします。
ご不明な点がございましたら、お問合せページからメールをいただくか、047-465-4881 までお電話ください。
  • トップページへ
  • トップページへ
  • 当院の紹介
  • 院長紹介
  • 治療内容
  • お子様連れの方々へ
  • 患者さんの声
  • よくある質問
  • お問合せ
柔道整復師募集中!