骨折でお悩みの方へ

骨折によくある症状

  • サッカーで
    相手選手と
    衝突した際
    足が変な方向に
    曲がった

  • 骨折を
    できるだけ
    早く治したい

  • 捻挫か骨折か
    判断ができない

  • 骨折した際の
    処置方法を
    知っておきたい

骨折はできるだけ素早く処置していくことが大切です

骨折は他の外傷と比較して腫れや痛みが強く出やすく、素早い処置が求められます。

 

もし骨折が疑われる場合はどのように対処していけばよいのでしょうか?

 

こちらのページでは骨折の特徴的な症状や対処法について詳しくまとめてあります。

骨折を判断するポイントについてもご紹介していますので、ぜひ確認してみてください。

骨折早期回復メニュー Recommend Menu

骨折の種類や固有症状について

骨折は、簡単にいうと「骨に傷がついた状態」になります。
完全に折れたもの(完全骨折)はもちろん、ヒビや亀裂が入ったものも骨折です。(不全骨折)

こちらでは、骨折の種類と特徴的な症状について詳しくご紹介していきます。

 

【骨折の種類】

 

・外傷性骨折

コンタクトスポーツでの衝突や転倒など、激しい外力が身体に加わることで骨折したものになります。
日常生活においても、高所からの転落、転倒、重量物の落下、事故などによって起こる可能性があります。

 

・疲労骨折

身体の一部に、繰り返しの負担がかかることで骨折したものになります。
ランニングやジャンプの繰り返しなど、スポーツによるオーバーユース(使いすぎ)で発生しやすくなっています。

 

・病的骨折

骨の強度が低下することで、わずかな外力によって骨折してしまったものになります。
骨が弱くなる原因としては、骨粗鬆症骨腫瘍などが挙げられます。

 

【骨折の固有症状】

 

骨折は「疼痛」「腫脹」「機能障害」といった一般的な外傷症状の他に、次のような固有症状がみられることがあります。

 

・転位と変形

強い外力や筋肉による牽引によって折れた骨が移動し(転位)、見た目が変形することがあります。

 

・軋轢音

骨折の骨端同士がぶつかることで、「ぐずぐず」とした軋轢音を触知することがあります。

 

・異常可動性

骨が完全に離断してしまった場合、通常では考えられない方向に骨が動くことがあります。(異常運動)

 

【骨折の全身症状】

 

骨折の程度によって「ショック症状」「吸収熱」といった、全身症状がみられることがあります。

 

・ショック症状

神経の過剰な興奮によって全身の循環バランスが崩れてしまった状態になります。
顔面蒼白、チアノーゼ、手足の冷え、全身の冷や汗、生あくびといった症状がみられることがあります。

 

・吸収熱

血腫が吸収される際に、発熱症状がみられることがあります。

 

【骨折の特徴的な局所症状】

 

「骨折の固有症状」と合わせて、骨折を判断する際には次のような局所症状を参考にしてみてください。
※これだけで骨折と断定できるわけではないのでご注意ください。

 

・自発痛、限局性圧痛

骨膜や骨周辺には知覚神経が豊富にあるため、骨折をした際の痛みは、その他の外傷と比較すると強めに出てくることが多くなっています。
また、骨折した箇所を押していくと、ポイントで強い痛みを感じる「限局性圧痛」も骨折の特徴的な症状になります。

 

・叩打痛、牽引痛、軸圧痛

患部から離れた箇所から振動を加えたり、引っ張ったり、軸圧を加えたりすると骨折部分に痛みが響くことがあります。
これらの「介達痛」がみられる際には、骨折の可能性が高くなるといえます。

 

【骨折の併発症】

 

骨折が関節面(関節軟骨)にまで及ぶと、骨折が治癒した後にも関節の機能障害が残る可能性があります。(関節損傷)

また、骨折した外力や骨折端、骨片によって、周辺の筋肉、腱、血管、神経などが損傷してしまうこともあります。(軟部組織の損傷、血管・神経損傷)

 

 

骨折はどのように対処すればよいのでしょうか?

骨折は受傷後にどれだけ適切な処置が行われるかによって、治癒スピードも変わってくることが考えられます。
特に大切な処置としては「RICE処置」が挙げられます。

「日常生活でできる対策」「骨折の治癒経過」についてもご紹介していきますので、ぜひご確認ください。

 

【RICE処置】

急性の外傷には、早急に「RICE処置」を行いましょう。

 

・Rest(安静)

組織の損傷が悪化してしまう可能性がありますので、安静にすることが大切です。

 

・Icing(冷却)

腫脹を悪化させることで神経や血管が圧迫され、痛みが増長する可能性があります。
氷水で患部を冷却することにより、内出血を抑えていくことが大切です。(冷やしすぎにはご注意ください)

 

・Compression(圧迫)

腫脹が広がらないように、患部をバンテージ、包帯、テーピングなどで適度に圧迫します。
循環障害を起こしますので、締め付けすぎにはご注意ください。

 

・Elevation(挙上)

患部を心臓より高い位置に挙上することで、内出血を抑えていきます。

 

RICE処置を行いましたら、できるだけ早急に整骨院接骨院、専門の医療機関に行き、適切な処置を受けるようにしましょう。

時間が経つほど筋緊張が強まり、整復(折れた骨を正しい位置に戻す)が難しくなることが考えられます。

 

【日常生活でできる骨折の対策】

 

「転倒」は骨折のリスクを高める要因になります。
体幹をしっかりと鍛えることで、転倒しにくい身体作りをしていくことが大切です。(スクワットなど)

また、高齢女性はホルモンの影響で骨が弱くなりやすいことが考えられます。
適度な運動を習慣的に行うことで、骨の強度が下がらないように注意しましょう。

 

【骨折の治癒経過】

 

骨折は次のような経過で治癒していきます。

 

・炎症期

血腫が形成され、痛みと炎症が強く出てきます。

 

・仮骨形成期

仮骨が形成されることで、骨の修復が始まります。

 

・仮骨硬化期

仮骨の強度が増してきます。

 

・リモデリング期

仮骨が吸収と骨新生を繰り返すことで、本来の骨に再造形してきます。

 

中央接骨院の【骨折】アプローチ方法

骨折とは骨組織の連続性が完全あるいは部分的に離断された状態をいいます。
骨折と判断した場合に当院では、応急処置として「整復」「固定」を行い、レントゲン等の処置のために専門の医療機関へご紹介させていただきます。
その後、早期回復、日常生活に支障がないようにリハビリを行わせていただきます。

 

【骨折に対する施術方法】

 

■保険施術

日常で起こった原因が明確なケガである「捻挫・脱臼・打撲・挫傷・骨折」やぎっくり腰などの急性の症状にも適用されます。
「保険が使える」か知りたい、「どのくらいの料金になるのか知りたい」などわからないことがあればお気軽にお問い合わせください。

 

■ハイボルト療法

ハイボルトは高電圧の電流を身体の深部に到達させ、患部に直接働きかける手法です。
炎症の抑制や痛みの軽減、治癒力の促進、直接アプローチすることで非常に高い即効性と鎮痛などの効果が期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

筋肉の表面にある筋膜を特殊な器具を使って筋膜の癒着をはがし、整えていく施術です。
緊張状態だった筋肉や筋膜をゆるめることで、身体の動きを正常に戻していきます。
高血圧、コリ、可動域、筋肉痛などに効果が期待できます。

著者 Writer

著者画像
院長:堀江洋輝
資格  柔道整復師/鍼灸師
誕生日 7月26日
血液型 O型
出身地 千葉県柏市
趣味  野球/漫画/買い物/ゲーム
 

  関連コラム Column

   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:中央接骨院
住所〒274-0063 千葉県船橋市習志野台2-4-2
最寄:北習志野駅から徒歩4分!
駐車場:なし
                                 
受付時間
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~17:00 -
定休日は日曜・祝日です

【公式】中央接骨院 公式SNSアカウント 中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】中央接骨院 公式SNSアカウント 中央接骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】中央接骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中